ダメ出しするから、駄目になる

なかなか人生が好転しない人の思考パターンには、
良くないクセや習慣があります。

それが、コレ。

……ハイ、私はそうでした。

記憶って、実は自分の都合のいいようにすり替えられるんですよ。

だからね、終わってしまった事を振り返って
「あの時、あぁすれば良かった」
「他に方法がなかったのだろうか」
「どうしてあんな事をしたのかな……」などを考えるクセがあったら、
本来は良かった事も良くないように記憶をすり替えている可能性があります。

残念なクセですね。。
良かった事もすっかり忘れて自分で書き換えちゃうなんて……。
(注:スキルアップのために反省して、改善していくのは別です)

そういう思考パターンを持っていると、
自分を信頼するどころか他者に言われた悲しい言葉も
あたかも自ら思っていたかのように、
自分で自分にネガティブな声かけをするようになります。

そして、徐々に自分で制限や限界を作っていくんですね。
では、どうすればいいのか??

簡単ですよ^^
出来事の節目や一日の終わりに
自分を良かった所を褒めてあげたらいいんです。

「乗り遅れずに、電車に乗れたね」
「今日は忘れ物しなかったね」
「約束の時間を守れたね」
「キレイにお皿洗いが出来たね」
「お風呂洗いをした私、エライ!」
……などなど。

え?
そんな日常のつまらない事を褒めるのかって?

ハイ、そうですよ。
自分のダメ出しをする思考パターンの人って、
些細な良かったことも記憶に残らないのです。

「そんな事、当たり前」ってダメ出しをするんですよね。

繰り返し繰り返し、
ネガティブな言葉をかけていった先に
「私はなんてダメな人間なんだ……」という
自分に対する決めごとが出来上がるんです。

社会に出たら自分を守るのは自分しかいないのに、
知らず知らずのうちに
自分で自分を攻撃する言葉がけをしてるんですよね。

自ら進んで低い評価を付けているのに、
他者から認められるはずがありません。

私は毎日のように自分にポジティブな声かけをしています。
仕事の全てを一人でしていると、
どんなに気を付けていても失敗しちゃう事ってあるんですよね。

相手がいて許してもらった場合は
「いい人で良かったね~。
今回は何とかなったね。次回から気をつけよう。」って
改善策を考えたりね。。

世の中はあなたが思っているよりも寛大で
いい人がいっぱいいますよ^^

写真の言葉は、サロンに飾ってある日めくりカレンダーです。

チャイさんという方の言葉。

(^o^)ノポチッ→チャイさんのFacebookページはこちらです。

セッションスケジュールは、こちら……(*´ω`*)ポチッ♪

対面セッション(大阪市南森町)
&遠隔セッション(電話カウンセリング)

<主なサービス内容>
・心理カウンセリング
・ロータスヒーリング
・魂の浄化
・量子場調整
・量子場観察術講座
・特別認定講座3days
・ペットのリーディング
・ペットのヒーリング
・ワークショップ糸掛け曼荼羅
……等など。

関連記事

PAGE TOP