コンセプトとサービス概要

心と身体を整えてしなやかに生きていけるようにサポートいたします

トラウマやカルマを解消=潜在意識を書き換えて、自分を愛せるようになります!

悩みの原因の多くは自己否定や憧れなど……、自己肯定感の低さや他人軸にあります。
それはトラウマや親子問題、コミュニケーショントラブル、前世のカルマ等の影響によって本来の感じ方が出来なくなっているからです。カウンセリングやリーディングによって、分からなかった問題や潜在意識の声を知る事で、本心に気付けるようになります。
それらによって、これまで頑張ってきた内なる自分に気付く事で愛おしさが増すので、全てが受け入れられるようになるのです。
そして、不本意な刷り込みを潜在意識のレベルで書き換える事で、これまでと違った関係性が生じるようになります。それまで見えなかった優しさに気付いたり、気を遣わずに話が出来る、新たな出会いが広がる等……、毎日が輝くようになるでしょう。これまで感じた事のないような新しい人生のスタートです。

ロータスヒーリングとは…

潜在意識を整える世界で唯一のオリジナルヒーリング

ロータスとはヒーリングエネルギーを流す時に翳す(かざす)シンボルで、2018年11月の新嘗祭の際、祈りを捧げている時に授けられました。
頂いた時は名もない花でしたが、蓮の花の様だったので、私がそう名付けたのです。

普段は蕾の状態で、エネルギーを流す際にシンボルとして翳すと、左回りで回転し、美しい煌めきをイメージいっぱいに広げながら開きます。

そのシンボルであるロータスを用いて、前世のカルマの解消やトラウマの消去、行動の禁止や制限の書き換え、ビジョンの設定、ホルモンバランスの調整、魂の浄化など……様々な問題を改善します。そのため、心の状態から生じる身体の歪みや捻れも解消されるのです。また身体が整う事で潜在意識がクリアになり自然に引き寄せが起こる事によって、ビジョンが叶いやすくなります。

オプションで提供している「魂の浄化」は更に強力なヒーリングで、前世や過去に負ってしまった人の念や霊障による重いエネルギーから解放されるという効果があります。
心理カウンセリングや前世や今世のリーディングによって、問題やビジョンを読み解き、ロータスヒーリングによってお悩みを解消します。

量子場調整®とは…

後頭部にある小脳に優しく手を当て、無意識に働きかける施術法

取り去れない記憶のトラウマは、無意識に働きかけなければ本質的に変化する事は難しいです。
トラウマや思考パターン、身体の使い方の癖……など。
量子場調整®は、量子の場を介してその人の無意識に働きかけ、変化を促します。
また、整体やマッサージといった身体への働きかけでは根本的な解決が難しい、身体の歪みの調整、内臓の位置や姿勢のパターン、歩き方の癖などを量子の場から働きかけ、いつの間にか健やかな状態へと導くことが出来ます。
施術は仰向けに寝て頂くだけです。(遠隔も同じ)顎位調整では顔の周りを……、量子場調整®では後頭部に優しく手を当て施術します。
全く力を入れませんので、痛みなどはありません。クライアントさんにとって苦痛の少ない施術法です。
施術者の目の前に波動を映し出し、歪んだ波動(量子)を調整します。

アニマルリーディングとは…

お客様と大切なペットとのメッセージの橋渡し

リーディングや霊視によって大切なペットからのメッセージをお伝えしたり、飼い主さんとの会話をお繋ぎします。こちらは亡くなっていても大丈夫です。現在聞きたい事、思い出の中でのエピソード、して欲しい事(供養の仕方)等など。聴けなかった思いを知ることが出来るので、わだかまりが解消されます。

アニマルヒーリングとは…

大切なペットの心の声を聴き、必要なヒーリングエネルギーによって癒しを

飼い主さんのカウンセリングとアニマルリーディングによって、大切なペットの求めている事が分かります。その後、必要なヒーリングエネルギーを流す事によって、心と身体をケア。問題の解消へと導きます。

糸かけ曼荼羅とは…

左脳と右脳の働きがバランスよく整うワークショップ

シュタイナー教育の素数の糸かけ法と、その図が曼荼羅に似ている事から、糸かけ曼荼羅と呼ばれています。
人は日常生活の中で右脳と左脳を使って過ごしています。どちらかに優位性があり、バランスよく左右の脳を使っている人はほとんどいません。
糸かけ曼荼羅は素数を数える事で左脳を、色を選ぶ事で右脳を使うので、左右のバランスが整う事で知られています。
また、夢中になって取り組む事で自然に瞑想状態になり、日頃の悩みやトラウマ等、ネガティブな思考パターンから解放され、望まない習慣を手放しやすくなります。

糸かけ曼荼羅は、素数を勉強する為の学習法……
哲学者ルドルフ・シュタイナーが提唱したシュタイナー教育のカリキュラムで使われているものです。
子ども達が足し算や掛け算、素数などを糸をかけながら学ぶ事で理解しやすいように指導していました。
板に釘を打ち、素数を数えながら順番に糸をかけていく事で、美しい曼荼羅模様が出来上がっていきます。

曼荼羅とは……
仏の悟りの世界を表した宗教独自の図で、主導を中心に諸仏諸尊の集会(しゅうえ)する楼閣を模式的に示した図の事です。

PAGE TOP