どうしても人と比べちゃう……②

前回の投稿で
”人と自分を比較して苦しい” という内容を書きました。
今回は、その続きです。

前回の投稿では……
なぜ人と比べるのを止める事は出来ないのか??
⇒人は比較でしか、
自分を振り返ってみる事は出来ないのです。

”比較する事をやめる” というのは不可能です。

これからもずっと苦しいままでしょうか?
⇒比較する時に優劣の差という判断基準をもっています。
まずは自分が優劣の判断基準を
採用してしまっている事に気付いて下さい。

……という事を書きました。

(前回の記事はこちら……(*^^*)ポチッ♪

この ”自分に気付く” というのは、
とても大切な事です。

私たちは自分の感覚をよく知っているようでいて、
実はつかめていない事が多いのです。

自分の快・不快で選んでいると思っていたのに、
実は誰かに言われたことがきっかけで
そうと思い込んでいたり……。
周りの状況に応じているうちに
言いたい事が言えなくなって、
どんどん自分の感情を表現出来なくなっていたり。。

そんな事を繰り返しているうちに
自分の心地よさは何か、
本来どう感じているのか、
どうなりたいのか……等など
曖昧になっています。

誰かに言われた事や周りの状況が
判断基準になってしまっているんですね。

そのため、
まずは自分の感覚を感じる事を心掛けて下さい。

感覚が掴めてくると、
その判断基準が自分がそう思っているのか、
誰かに言われて思い込んでいたものか、
という事に気付けるようになります。

今まで ”優れている・良い” と思っていたものが、
実はそんなに欲しいもの・なりたいものでは
なかったかもしれないし、
自分は ”劣っている・悪い” と思っていた事が、
そんなに劣っていた訳ではなかったと
気付くかもしれません。

これは
より高いレベルを求めたり、
スキルアップを目指さなくてもいい……
という話ではありません。

あくまでも
”判断を自分の感覚を基準に感じられるようになりましょう”
……という事です。

優劣の判断基準で物事を見ている限り、
残念ながら苦しいままです。

では、優劣の判断基準で見ないようになれば、
何が基準になると思いますか??

良い・悪い……ではなく、
”私とあの人は違うんだ”
と、違いを見る事が判断基準になります。

これは、
ただ

”同じ” と ”違う” を感じるだけなので
違っても苦しくはないです。
(人と同じでなければ落ち着かない……
という人は違った感覚になるかもしれません)

何が上・何が下……というわけではなく、
誰が優れている・誰が劣っているというわけでもなく、
ただ違う……それだけです。

その感覚が掴めると
人と比べるたびに自分を感じられるし、
ある時ふと
「あれ?この状況でこんなに軽い気持ちだったかな??」

今度は
この問題の正体は何か??
……という事について書きたいと思います(*^^)v

内容は分かったけど
「行動どうしても出来ない……」って方は
トラウマやブロックが掛かっている場合があります。
一人で悩まないで、気軽に相談して下さいね^^

 

COSMOSのセッションは、こんな方にオススメです(*’ω’*)ノ

 転職など、状況を変えても同じような問題が起きる
 変わりたいと思うのに、変われない
 どうしてもネガティブに捉えてしまう
 凹みやすい
 同じような失敗を繰り返している
 ついつい終わった事を考えてしまう

セッションスケジュールは、こちら……(*´ω`*)ポチッ♪

 

対面セッション(大阪市南森町)
&遠隔セッション(電話カウンセリング)

<主なサービス内容>
・心理カウンセリング
・ロータスヒーリング
・魂の浄化
・量子場調整
・量子場観察術講座
・特別認定講座3days
・ペットのリーディング
・ペットのヒーリング
・ワークショップ糸掛け曼荼羅
……等など。

関連記事

PAGE TOP